アップルの09年3Q決算

この消費不況にも関わらず、アップル社の業績は好調だったようです。

米アップルが21日に発表した4-6月期(同社第3四半期)決算は、純利益が前年同期比15%増となり、市場予想を上回った。第3四半期の純利益は12億3,000万ドル(約1,150億円)、一株利益1.35ドルとなり、前年同期の同10億7,000万ドル、一株利益1.19ドルを上回った。またロイターによるアナリスト予測値平均の一株利益1.18ドルも上回る結果となった。売上高は前年同期の74億6,000万ドルから12%増加し、83億4,000万ドル(約7,810億円)となった。アナリスト予測値平均は82億ドルも上回る結果となった。

同四半期にはマッキントッシュコンピューターの売上が好調で、前年同期に比べ4%増加した。携帯電話端末「iPhone」の販売台数は前年同期の約7倍となる520万台以上となった。特に最新版の「3GS」が発売されたことが大幅な販売増につながり、売上高は総額500万ドルを超えたという。携帯音楽プレーヤー「iPod」の売上は7%減となったが、同社のオッペンハイマー最高財務責任者(CFO)によると最新版「iPhone」に「iPod」と同等な機能を搭載したことから、「iPod」の売上減は想定済みだったという。

ニューヨーク株式市場の同社株は同日、0.91%下落し1.40ドル安の一株151.51ドルで引けた。決算発表後、時間外取引で4.49%急上昇し、6.76ドル高の一株154.96ドルとなっている。[IBタイムズ]

iPhoneやiPodが普及するにつれて、端末の売上げの伸びは鈍化するでしょうが、アイチューンストアでの売上げがアップルの業績を底支えしていくでしょう。このまま音楽業界を牛耳れば、アイチューンでの一件のマージンは小さくとも、売れる数は尋常じゃないですから。薄利多売でも、安定的に収益を稼ぎ出してくれる事でしょう。

金曜日, 7月 24th, 2009 at 04:23
No comments yet.

Leave a comment

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>